化粧箱とはどのようなものか

subpage01

化粧箱とは印刷等の装飾を施した箱のことであり、贈答品を入れる時などに使用されてきました。印刷や箔押しを施した箱には高級感がありますし、普通の箱より見た目が良くなるというメリットがあります。現在では紙器全般を指す言葉として使われていますが、特に青果物関係のものを指すことが多いです。印刷等で化粧を施した箱といってもいろいろな種類があります。
板紙の箱というのはお菓子や加工食品、日用品などを入れている箱のことを言います。
普通に生活をしていても目にする機会が多いですし、手頃な価格で作成できることがポイントです。

化粧箱情報ならこちらのサイトです。

畳むと小さくなるというメリットもあるため、軽い物の梱包に向いています。しかし、変形したり、破れやすいといったデメリットもあります。



美粧段ボールは印刷を行った後、片面段ボールを合紙して強度を高めた箱のことです。

ダンボールなのでいろいろな形に対応することができますが、変則的な形状にするのは難しいということです。貼箱とは厚紙に薄い印刷紙や和紙などを貼ったものです。


和菓子などの食品やスマートフォンを入れる箱として採用されています。


見た目が綺麗になりますし、和紙など特殊な材料が利用できることがメリットです。


しかし、箱を畳んで保管ができないことが多いですし、輸送費が高くなることもデメリットです。
化粧箱がよく利用されるものとして、青果物が挙げられます。梨や柿、ブドウ、桃といったものによく使われており、お土産などに使われていることもあります。



お中元やお歳暮などでもよく見かけるでしょう。
缶詰や瓶は傷が付くと大変ですが、化粧箱なら安全に保管できるということです。百貨店などで購入した商品も化粧箱に入れてもらえることがあります。