化粧箱の種類と選び方

subpage01

化粧箱とは、贈答品を贈る際に高級感などを求めて印刷や箔押しを施した箱のことを言います。

一般的には紙でできていることが多いですが、青果物などを入れる場合には段ボールを使用することもあります。

化粧箱の最新情報が知りたい方にはこちらです。

化粧箱を用いることによって、高級感を出すことができて販促効果を生み出せます。
また、印刷の自由度が高く、表面加工のバリエーションも豊富ですので見た目が良い贈り物を贈ることができます。種類は色々なものがあるため、商品のイメージや形状などによって選ぶことが可能です。

筒状の胴体に差し込み式の蓋が上下二箇所ついたものはキャラメル箱といい、簡単に組み立てられるのがメリットとなっています。

地獄箱は、筒状の胴体西方から組み立てる側面と、差し込み式の蓋がついた形状でキャラメル箱よりも強度があるのが特徴です。

他にも組み立てやすい底面の二箇所を糊付けすることで箱を起こすと同時に、そこが組み立てられる形状のワンタッチ底箱、蓋や底面がなく筒状で組み立て式の箱をはめ込みスライドして開閉するスリープ箱などがあります。


化粧箱を選ぶ場合には、何をどのように入れたいかに注意して選んでいきます。
贈るものだけではなく、内容物の重さや高さなどにも気をつけて選んでいくのがポイントです。



食品が直接触れるパッケージの場合には、原紙に食品衛生法などに抵触する物質が入っていないものであるか、油などに対して耐油性のある原紙が使われているかなども考えることが必要となります。