化粧箱は自由度が高いものがあります

subpage01

化粧箱は印刷などの装飾を施した箱のことで、昔から贈答品などを箱に入れる際に高級感などを求めるため、印刷や箔押しを施した化粧箱を使用していました。

現在オフセット印刷などを活用した、紙器全般の表現として利用される用語になっています。
例えば青果物関係の贈答箱の場合、美粧段ボールを使用するので化粧箱と表現することが多いです。

化粧箱にはいろいろなメリットがあり、高級感や販促効果などを生み出すことができます。

化粧箱についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

ダンボール箱と比較すると、オフセット印刷や表面加工などによっていろいろなバリエーションで対応することが可能です。
同じ印刷や同じ紙でもプレス加工やPP加工などをプラスすることによって、見た目をより華やかにすることができます。
高級感のある箱を作成することができ、オフセット印刷は繊細な模様に対応できるので、梱包箱はもちろん製品の販促効果の向上にも期待することが可能です。


印刷の自由度が高いこともあり、オフセット印刷といったプロセス4色(CMYK)などを中心にして、たくさんのインキを利用しながら繊細なプリントを実施することができます。



写真やイラストなどを再現することができたり、特色なインキを使って作成できるので、色の掛け合わせでぶれたくない箇所にもおすすめです。バリエーションがある表面加工を実現することができ、表面から傷を防ぐ効果や見た目を変えるため多種多様な加工が用意されています。



グロスニスやマットニス(艶消しニス)などを利用することが可能です。


同じ柄でも加工を使い分けることによって、箱の表面耐性が変わってきたり見た目をアレンジすることができます。