化粧箱で可愛い宝石箱を作ろう

subpage01

化粧箱というものをご存知ですか。

おもに贈答品を購入したら必ず手に入るものです。

化粧箱について悩んでいませんか。

お菓子であったり洗剤、タオルなどをお歳暮・お中元でもらったことがあるという方は大勢いらっしゃるでしょう。

毎年いくつもの贈答品を受け取っていると、自然と化粧箱がたまってしまうものです。その箱を賢く活用する方法がないか、とお考えになっている方がいたら再活用を考えてみましょう。



化粧箱は文字通り、とっても美しいアイテムです。


和紙が使用されているものから、イラストを描いているものまでありますが、それを活用するのに最適なのが宝石入れです。

女性ならネックレスやリング・ピアスをたくさん所有されているでしょうが、それらを収納するのに活用できます。

作り方をここから解説していくと、用意するものは化粧箱のほかにカッターナイフと糊です。
カッターで宝石入れとなる入り口を箱に開けますが、理想的なのは横4センチメートル・高さ5センチメートルの寸法です。
この大きさだと中に収納したアイテムが落ちてしまう心配はありません。

糊を使用する場所は、化粧箱の四隅になります。基本は立てて収納するので、この箇所を糊でしっかりと補強をしないといけないわけです。

宝石箱の他に救急箱にすることもできます。



簡単に手に入るので、リサイクルという面でも活用がしやすいでしょう。また、お子さんに手伝ってもらって一緒に作る楽しみも感じられるので、一度挑戦をすることをおすすめします。